ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > ライフステージ > 高齢者・医療・介護 > 福祉 > 介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・子育て > 高齢者・介護支援 > 介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)

介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)

印刷用ページを表示する 2019年1月16日更新

新総合事業

介護保険法の改正に伴い、予防給付のうち「介護予防訪問介護」及び「介護予防通所介護」については、市町村事業である地域支援事業に移行し、介護予防事業と併せて「介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)」となりました。総合事業は、高齢者の介護予防と自立した日常生活の支援を目的とした事業で、介護予防・生活支援サービス事業と一般介護予防事業に分けられます。

新総合事業

要支援1・2の方、事業対象者(基本チェックリスト該当者)が対象となります。利用を希望する際は、お住まいの区域の地域包括支援センターへご相談ください。

訪問型サービス

• 訪問介護(介護予防訪問介護相当サービス)
• 訪問型サービスC(短期集中予防サービス)

通所型サービス

• 通所介護(介護予防通所介護相当サービス)

一般介護予防事業

主に介護や支援を必要としていない元気な高齢者が対象です。
  健康づくりや介護予防に関する各種教室、講習会に参加したりして、いつまでも元気でいられるようアドバイスを受けます。
  また、介護予防の取組みを行う住民主体の通いの場を拡げ、参加者や通いの場が継続的に拡大していくような地域づくりを推進します。