ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

救急医療のかかり方

印刷用ページを表示する 2017年1月5日更新

救急医療のかかり方

 休日や夜間の急病の場合、誰でも医師の診察を受けたいと思うでしょう。しかし、最近の診療所や病院はそれぞれ機能別になってきているので、どこの医療機関に行けばよいかわからないことも多いのではないでしょうか? もちろん、重症で救急車搬送の場合には、救急隊がその病状に応じて病院を手配することもあります。
 日本の多くの地域では休日急患システムがあり、新聞(休日や祭日の地域版)や広報誌に掲載されています。普段から自分の居住地区で、どのような休日急患システムがあるのかを知っておくことが、何よりも大切です。
 救急外来を受診する場合、初めての患者を診察する医師にとっては、多くの情報を得ることにより適切な診断ができるため、次の点に注意して受診しましょう。

  1. 持病のある方は、必ずその薬またはお薬手帳を持参しましょう。
  2. 数日前に医師の診察を受けている場合、処方された薬を持参しましょう。
  3. いつからどのような症状があるのかを具体的に伝えましょう。