ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康づくり課 > 3ヶ月減塩チャレンジ「わたしのごはんいい塩梅事業」の実施

本文

3ヶ月減塩チャレンジ「わたしのごはんいい塩梅事業」の実施

ページID:0033060 更新日:2024年7月4日更新 印刷ページ表示

事業概要

 当町は、他の地域に比べて脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)の罹患率や死亡率が高いことが分かっています(県発行「2023年度版寄居町の健康指数」より)。そこで、原因となる高血圧対策として、皆さんが自身の塩分摂取状況を把握し、好ましい食事バランスを身につけることを目的とした事業を実施します。
 この事業は「塩分チェックシート」を活用した1回目の塩分摂取に関するアンケート(塩分チェック)に回答していただき、その結果を踏まえ、減塩を心がけた食生活を約3ヶ月送っていただきます。その後、2回目の塩分チェックに回答することで、塩分摂取状況の変化を確認するというものです。
 2回とも回答してくださった方の中から抽選で100人に「寄居町地域通過Yori-Ca(ヨリカ)」ポイント500ポイント(500円相当)を進呈します。
 "おいしく楽しい"減塩スキルを身につけるため、全2回の塩分チェックの間には、栄養教室を開催します。ぜひご参加ください。

 3ヶ月減塩チャレンジ「わたしのごはんいい塩梅事業」ポスター
 3ヶ月減塩チャレンジ「わたしのごはんいい塩梅事業」案内 [PDFファイル/1.46MB]

塩分チェックについて

対象者

18歳以上の町内在住・在勤の方

目標参加人数

300人

内容

塩分摂取に関するアンケート(塩分チェック)を下記の期間中に回答してください。

※回答後には、減塩に関するワンポイントアドバイスとナトカリ比*(ナトカリマップ)に関する情報提供を行います。
*ナトカリ比とは・・・ナトリウム(塩)とカリウム(野菜や果物)の摂取バランスを示す指標です。カリウムには体内の食塩を排出する作用があり、ナトカリ比が低い食生活を心がけることで高血圧の予防・改善につながります。

期間

【第1回】令和6年6月6日(木曜日)〜令和6年8月31日(土曜日)
【第2回】令和6年11月1日(金曜日)〜令和6年11月30日(土曜日)  ※第1回の回答者へ回答依頼を送ります。

回答方法

Googleフォーム<外部リンク>から回答してください。
※Googleフォームでの回答が難しい場合は、書面の回答用紙がございますので、役場2階 健康づくり課の窓口へお越しください。記入後の回答用紙は、同じく健康づくり課へ提出してください。

特典

2回とも回答してくださった方の中から抽選で100人に、ヨリカポイント500ポイント(500円相当)を進呈します。

栄養教室

"おいしく楽しい"減塩スキルを身につけるため、全2回の塩分チェックの間に栄養教室を開催します。
●教室の前後(午後1時〜午後1時20分、午後3時30分〜午後4時)には、明治安田と共同で、希望制で無料の健康チェック(血管年齢・推定野菜摂取量の測定、尿ナトカリ比の計測)を実施します。ぜひこちらにもご参加ください。
 栄養教室ポスター
 栄養教室のご案内 [PDFファイル/2.23MB]

【第1回】 目から鱗!! 野菜ソムリエプロが教える 野菜を美味しく食べるコツ

日時 令和6年7月31日(水曜日) 午後1時30分〜午後3時30分
場所 保健福祉総合センター(寄居町大字保田原301番地)
講師 野菜ソムリエプロ 牧野 悦子先生
 牧野 悦子先生

【第2回】 減塩の工夫 ナトカリマップの活用

日時 令和6年8月28日(水曜日) 午後1時30分〜午後3時30分
場所 寄居町役場 6階会議室
講師 女子栄養大学 生涯学習講師 庄司 久美子先生

 庄司 久美子先生

申し込み方法

7月11日(木曜日)から各栄養教室の前日午後5時までに、寄居町電子申請・届出サービス<外部リンク> または 健康づくり課(581・8500)へお電話でお申し込みください。
※電子申請・届出サービスの利用者登録は不要です。「利用者登録せずに申し込む方はこちら」ボタンから申し込みをしてください。

※申し込み人数が定員に達したときには、受付を終了させていただきます。

その他

・両方の栄養教室に参加することも可能です。
・栄養教室に参加する際は、参加前に 第1回塩分チェック(ページ内リンク) の回答をお願いします。

事業全体のスケジュール

令和6年

○第1回塩分チェック回答 (6月6日(木曜日)〜8月31日(土曜日))

●栄養教室(7月・8月に1回ずつ開催)

○第2回塩分チェック回答 (11月1日(金曜日)〜11月30日(土曜日))

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)