ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 上下水道課 > 9月10日は「下水道の日」

9月10日は「下水道の日」

印刷用ページを表示する 2019年9月1日更新

「下水道の日」の由来

 「下水道の日」とは、1961年(昭和36年)に著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、当時の下水道を所管していた建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現在は環境省に所管変更)と公益社団法人日本下水道協会の前身団体が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。
 それから約40年が経過し、日本における近代下水道の基である旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎え、その記念行事が行われたこと、また、2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることなどから、近年の下水道に対する認識の高まりもあり、この際、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されることになったものです。
 また、9月10日と定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである立春から数えて210日を過ぎた220日が適当であるとされたことによるものです。

下水道推進標語

 令和元年度の下水道推進標語は、

「下水道 見えないしごとに 金メダル」です。

下水道供用区域内でまだ接続をされていない皆さまへ

 下水道法第10条及び第11条の3第1項では、下水道の供用が開始された場合においては、遅滞なく、排水管、排水渠、その他の排水施設(以下「排水設備」という。)を設置しなければならず、くみ取り便所については3年以内に水洗化しなければならないと義務付けられています。
 下水道事業は、居住環境を衛生的で快適なものにし、川や海の水をきれいにすることによって、健康で住みよいまちづくりを進めることを目的としています。下水道事業の目的を十分にご理解いただき、下水道への接続をお願いします。
 なお、お住まい等の地域が下水道の供用区域内であるかどうかやその他ご不明な点がございましたら、お気軽に上下水道課へお問い合わせください。

下水道の工事は町の指定工事店で

 下水道を使用するためには、トイレの汚水や台所、お風呂、洗面所等で発生する生活雑排水を流すための排水設備が必要となります。
 排水設備を設置する工事は、必ず「寄居町下水道排水設備指定工事店」にご依頼ください。
 「指定工事店」は、専属の排水設備工事責任技術者を置き、工事の設計、施工、管理等を行い、適切な排水設備工事ができるものとして町が指定しています。