ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

荒川河辺部遊歩道

印刷用ページを表示する 2014年1月16日更新

説明:

■交通手段:
(西起点)寄居駅・東武東上線鉢形駅から徒歩約15分
(東起点)東武東上線鉢形駅から 徒歩 約20分
■詳細:ハイキングコースマップ(寄居ハイキングコース・愛宕山コース)へジャンプします
遊歩道の写真
■内容説明
平成9年度を初年度とした第4次寄居町総合振興計画基本構想(目標年度:平成18年度)において、寄居生活学開発構想(町の誇りである水と緑を活用し、生活の楽しみ方を拡大するするため、町民一人ひとりが生涯学習・スポーツに取り組み、町を楽しむ生活の歳時記・生活学を確立する構想)の一つとして水の郷にふさわしく荒川及びその支流を活用した楽しみ方を開発する構想となる荒川水系ヒューマンロード構想をまちづくりの主要テーマに掲げています。このため、観光拠点となるさいたま川の博物館、国指定史跡鉢形城跡へのアクセス歩道として機能し、荒川に沿って豊かな自然の緑と水とのふれあいをゆっくりと楽しみながら散策できる遊歩道約3kmです。あずま屋、トイレなども整備されています。四季折々、荒川の風に吹かれながら、いろいろな植物や小動物にも出会える爽やかな遊歩道です。