ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権推進課 > 性的マイノリティ(LGBT)に対する偏見や差別をなくしましょう!

性的マイノリティ(LGBT)に対する偏見や差別をなくしましょう!

印刷用ページを表示する 2018年2月21日更新

「性」と一言で言っても、そのあり方には多様性があります。
 人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す性的指向に関して、「男性が男性を、女性が女性を好きになる」ことなどに対して、根強い偏見や差別により、苦しんでいる人々がいます。
 また、からだの性(生物学的な性)とこころの性(性の自己意識)が一致しない性同一性障害では、その食い違いに悩みながら、周囲の心ない好奇の目にさらされたりして、苦しんでいる人々がいます。
 こうした「性」の多様性について考え、性的マイノリティに対する理解を深め、偏見や差別をなくしましょう。
  
性的マイノリティ=性的少数者
 

LGBTの言葉の意味(四つの単語の頭文字から作られた言葉です。)
 L:女性の同性愛者(Lesbian、レズビアン)
 G:男性の同性愛者(Gay、ゲイ)
 B:両性愛者(Bisexual、バイセクシュアル)
 T:性同一性障害(Transgender、トランスジェンダー)
   ※LGBTは性的マイノリティを総称する言葉として使われていますが、
    この分類にのみ限定されるものではありません。

性的マイノリティ(LGBT)に関する相談窓口

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0303/sodan-madoguti.html<外部リンク> (埼玉県人権推進課の相談窓口案内)

http://279338.jp/yorisoi/<外部リンク>  (一般社団法人 社会的包摂サポートセンター が運営するよりそいホットライン)