ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 寄居町産後ケア事業

寄居町産後ケア事業

印刷用ページを表示する 2021年7月1日更新

 産後ケア事業は、出産後のお母さんと赤ちゃんの生活を応援するため、出産後に「赤ちゃんの世話の仕方が分からない」「自身の体調がすぐれない」など、育児不安や心身の不調を抱えているお母さんが、授乳や沐浴などのアドバイス、育児相談、お母さんの体調管理などのサポートを受けることができます。

対象

寄居町に住民登録がある生後12ヵ月未満の赤ちゃんとそのお母さんで、次のすべてに該当する方

・産後に、育児不安や心身の不調がある方

・家族等から育児支援を十分に受けられない方

※感染症や入院・治療の必要がある方は利用できません。

産後ケアの種類

宿泊型

病院や助産院への宿泊

日帰り型

病院や助産院への通所

訪問型

助産師が自宅へ訪問

産後ケアの内容

お母さんのケア

産後の体調管理、乳房ケア等

育児指導・相談

授乳・沐浴の指導、赤ちゃんの発育・発達確認、育児相談等

利用できる施設

利用できる施設
施設名 宿泊型 日帰り型 訪問型  
菊地病院

生後2か月未満までの赤ちゃんとそのお母さん

※当該施設で出産した方のみ利用可能です。
桜ヶ丘病院 -
深谷赤十字病院 - -
深谷産婦人科医院 - -
中島助産院

生後12か月未満までの赤ちゃんとそのお母さん

※他施設で出産した方も利用可能です。
さめじまボンディングクリニック -

生後3か月未満までの赤ちゃんとそのお母さん

※他施設で出産した方も利用可能です。

利用できる日数

宿泊型、日帰り型、訪問型それぞれ7日まで

利用者負担額

利用者負担額
世帯区分 宿泊型 日帰り型 訪問型
一般世帯 4,500円 3,200円 1,500円
市町村民税非課税世帯 1,100円 900円 400円
生活保護世帯 0円 0円 0円

※施設利用日数分の利用料がかかります。

例)一般世帯で1泊2日の場合、利用日数は2日となり、利用者負担額は9,000円です。

※急なキャンセルをした場合、キャンセル料が発生することがあります。

※別途、費用がかかる場合があります。

利用までの流れ

1 相談

利用を希望する方は、すくすくテラスへご相談ください(妊娠中から相談できます)。

2 申請

相談後、申請書等を提出してください。

提出書類

・寄居町産後ケア事業利用申請書

・母子健康手帳

・本人確認書類(運転免許証等)

・町県民税課税台帳記載事項証明書

・生活保護受給証(生活保護受給者のみ)

※申請書は、すくすくテラスに備え付けてあるほか、こちらからも取得できます。

寄居町産後ケア事業利用申請書 [Wordファイル/23KB]

寄居町産後ケア事業利用申請書 [PDFファイル/294KB]

3 利用決定

利用決定となった方に「寄居町産後ケア事業利用承認通知書」をお渡しします。

4 利用

必要なケアや指導などのサポートを受けながら、育児に向き合っていける体制づくりをしましょう。

※利用者負担額は、直接利用する施設へお支払いください。

利用の一例

日帰り型の場合

10時00分 来所 乳房ケア、授乳指導

12時00分 お母さんの昼食、沐浴のお手伝い、授乳指導、育児相談

16時00分 帰宅

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)