ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査・特定保健指導について

印刷用ページを表示する 2018年11月13日更新

特定健康診査・特定保健指導について

 生活習慣病を早期に発見し、健康を維持していくために特定健康診査を実施しています。また、健診結果からメタボリックシンドローム予備軍と判定された方には、特定保健指導を実施しています。
 特定健康診査の受診や特定保健指導に参加することは、疾病の早期発見、健康の維持増進につながるばかりでなく、皆さんの負担する医療費が節約できるとともに、町国民健康保険の財政負担も軽減できます。また、健康づくりを推進し特定健診の受診率・特定保健指導の利用率が向上することで、国からの財政支援が増加し、町国保財政の健全化が進みます。
 自分や家族の健康のために、1年に1回は特定健康診査を受診しましょう。
 

特定健康診査とは

 生活習慣病やメタボリックシンドロームに着目した健診です。また、各種がん検診等と同時実施をしています。

【対象者】

40歳以上の寄居町国民健康保険加入者(人間ドック受診(希望)者は除く)

対象者には、詳細な案内通知と受診券を郵送します。

【健診項目】

問診、身体計測、腹囲計測(後期高齢者は除く)、診察、血圧測定、血中脂質検査(中性脂肪、Hdlコレステロール(善玉)、Ldlコレステロール(悪玉))、肝機能検査(Got、Gpt、γ―Gtp)、血糖検査(Hba1c)、尿検査(尿糖、尿蛋白)、腎機能検査(血清クレアチニン、尿酸)、心電図検査

※医師が必要と判断した場合、貧血検査・眼底検査を実施します。

※町では、心電図検査を全員に実施、国基準を上回る充実した内容で実施しています。

【受診方法】

(1)案内通知や「広報よりい」に掲載された日程表を参考に、希望する健(検)診を電話予約。
(2)問診票が届きます(原則2週間前まで)。
(3)集団健診会場にて受診。
(4)結果が届きます(約3~4週間で郵送)。

【費用】

無料 (約10,000円の健診費用が自己負担なしで受診できます)

 

平成30年度 特定健診・健康診査・がん検診・肝炎ウイルス検診 チラシ [PDFファイル/228KB]

 

九都県市特定健診受診率向上キャンペーン<外部リンク>

 キャンペーン動画配信中です。

 

特定保健指導とは

 健診の結果により保健指導の対象となった方に対して、ご自身の健康状態を正しく理解し、生活習慣の改善のための行動目標を設定できるよう医師、保健師、管理栄養士等の専門スタッフが支援いたします。なお、支援の内容は「積極的支援」、「動機づけ支援」に分かれます。

【対象】

 血糖、脂質、血圧の3項目で基準値以上のものがあり、腹囲、喫煙、BMI、年齢などを基準にリスクを分類し、リスクの高い方は「積極的支援」、それ以外の方は「動機づけ支援」の対象となります。対象となるかどうかは、健診結果通知でご確認ください。また、特定保健指導対象者には改めて保健指導のお知らせをいたします。

【支援内容】

(1)専門スタッフによる個別面接を実施し、行動目標や支援計画を作成します。
(2)計画に基づき電話等により支援を3~6か月間継続実施します。
(3)身体状況や生活習慣に変化が見られたか評価面接を実施します。

 

特定健診受診勧奨・特定保健指導利用勧奨事業

 特定健診を受けていない方や特定保健指導の対象の方に対して、郵便や電話による受診・利用の勧奨を実施しています。

【電話勧奨】

・実施期間:平成30年11月上旬から下旬の午前9時~午後5時 (土・日、祝日を除く)

・発信:深谷寄居医師会メディカルセンター(048-570-6111が表示)から行います。

・予約:受診勧奨の電話により健診の予約が可能です。

【通知勧奨】

特定健診はハガキにて11月上旬に郵送しています。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)