ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 住宅用家屋証明書

住宅用家屋証明書

印刷用ページを表示する 2020年2月5日更新

個人が一定の要件を満たした住宅用の家屋を新築または取得し、個人の居住の用に供した場合には、所有権の保存登記等に係る登録免許税の税率の軽減措置が受けられます。この軽減措置を受けるために住宅用家屋証明書が必要になります。

適用要件

・ 新築または取得した方が居住していること

・ 住宅の床面積が50平方メートル以上であること

・ 併用住宅の場合は、居宅部分が全体の90%を超えていること

・ 新築または取得後1年以内の申請であること

・ 所有権の移転登記の場合は家屋の建築後の年数が、木造及び軽量鉄骨造では建築後20年以内、鉄筋コンクリート、鉄骨、鉄骨鉄筋コンクリート造等では建築後25年以内であること。ただし、新耐震基準を満たすことを証明したものは、この限りではありません。

申請書

住宅用家屋証明申請書および住宅用家屋証明書 [Wordファイル/38KB]

住宅用家屋証明申請書および住宅用家屋証明書 [PDFファイル/141KB]

※ 申請書および証明書の両方を印刷し、同様に記入してください。

住宅用家屋証明申請書および住宅用家屋証明書(記入例) [PDFファイル/292KB]

申立書 [PDFファイル/75KB](未入居の場合)

申立書(記入例) [PDFファイル/82KB](未入居の場合)

※ 申立書には現在居住する家屋の処分方法を確認できる書類を添付してください。

・ 現在居住する自己所有の家屋を売却する場合は、売買契約書または媒介契約書

・ 現在居住する自己所有の家屋を賃貸する場合は、賃貸借契約書または媒介契約書

・ 現在居住する家屋が借家、社宅、寮等の場合は、賃貸借契約書、使用許可書、家主の証明書等

・ 現在居住する家屋が親族所有の場合は、家屋を所有する親族の申立書

・ 現在居住する家屋を取り壊す場合は、工事請負契約書等の取り壊すことを確認できる書類

必要書類

1.新築の住宅の場合

・ 登記事項証明書の写し

・ 確認済証または検査済証の写し

・ 住民票の写し (未入居の場合は申立書を添付。必ず現在の家屋の処分方法を記入し、証明する書類を添付してください)

・ 認定長期優良住宅の場合は、認定通知書の写し

・ 認定低炭素住宅の場合は、認定通知書の写し

2.建売住宅を購入した場合

・ 登記事項証明書の写し

・ 確認済証または検査済証の写し

・ 住民票の写し (未入居の場合は申立書を添付。必ず現在の家屋の処分方法を記入し、証明する書類を添付してください)

・ 売買契約書または売渡証明書の写し

・ 家屋未使用証明書

・ 認定長期優良住宅の場合は、認定通知書の写し

・ 認定低炭素住宅の場合は、認定通知書の写し

3.中古住宅を購入した場合

・ 登記事項証明書の写し

・ 住民票の写し (未入居の場合は申立書を添付。必ず現在の家屋の処分方法を記入し、証明する書類を添付してください)

・ 売買契約書または売渡証明書の写し

・ 年数要件を超える場合は、耐震基準適合証明書または住宅性能評価書

手数料

1件1,300円

郵便申請について

次の書類等を同封し、下記住所までお送りください。

1.住宅用家屋証明申請書および住宅用家屋証明書

2.上記の必要書類

3.手数料分の定額小為替

4.返信用封筒(切手を貼り、宛先を記入してください)

〒369-1292 埼玉県大里郡寄居町大字寄居1180番地1

寄居町役場税務課収納管理班

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)