ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 行政評価を実施しました

行政評価を実施しました

印刷用ページを表示する 2018年1月25日更新

行政評価

行政評価とは

 行政評価とは、行政サービスの現状をを認識し、行政課題を確認するための手法の一つとして実施され、行政活動を評価し(Check)、評価によって確認した課題のある事業を見直しし(Action)、計画や予算等の策定に活用(Plan)、目標値を再度設定して事業を実施(Do)するサイクル(PDCAサイクル)を通じ、行政サービスの向上を図っていくための仕組みです。

 寄居町では、第6次総合振興計画の開始年度である平成29年度からの行政評価制度本格導入を目指し、平成27年度、平成28年度において試行することとしました。

評価の流れ

 前年度に実施した事務事業の評価を以下の流れで行いました。

1 事業の必要性、有効性、妥当性、効率性の視点から、各事務事業担当課による1次評価
2 1次評価をもとに、副町長を会長とする寄居町行政改革推進会議による事業ヒアリング、2次評価
3 2次評価結果を各課等へ通知

2次評価結果

 各課等は、2次評価結果をもとに、事業の見直しや改善を行います。

平成29年度 [PDFファイル/190KB]
平成28年度 [PDFファイル/183KB]
平成27年度 [PDFファイル/102KB]
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)