ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > パブリック・コメント手続制度の概要

パブリック・コメント手続制度の概要

印刷用ページを表示する 2013年12月26日更新

パブリック・コメント手続とは

「パブリック・コメント手続」とは、町が基本的な施策(町の総合的な構想・計画)などを策定する際に、その案と関連資料を広く町民の皆さんに公表し、これらに対して提出された意見を考慮して町が意思決定を行なうとともに、提出された意見とそれに対する町の考え方を公表する一連の手続をいいます。

パブリック・コメントの目的は

この制度は、町民の皆さんの多様な意見・情報・知識などを町の施策に反映させるしくみの一つであり、町の施策等の形成過程における公正性・透明性の向上を図り、町民の皆さんとの協働によるまちづくりを推進していくことを目的としています。

対象となる町の施策は

広く皆さんの意見をお聴きするのは、次の施策です。
● 町の総合的な構想および計画または個別の行政分野における基本的な方針および計画の策定または改廃
  例えば  総合振興計画、高齢者保健福祉計画、環境基本計画、都市計画マスタープランなど。
● 町の基本的な方向性を定める憲章および宣言の制定または改廃
  例えば  町民憲章など。
● その他

意見を提出できる方は

この制度で意見を提出できるのは、次の皆さんです。
●町内に住所を有する方
●町内に事務所または事業所を有する個人および法人その他の団体
●町内の事務所または事業所に勤務する方
●町内の学校に在学する方
●上記のほかパブリック・コメント手続に係る事案に利害関係を有する方

パブリック・コメント手続の流れ 

パブリック・コメント手続の流れ