ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

埼玉県立川の博物館

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

郵便番号

369-1217

所在地

埼玉県大里郡寄居町大字小園39番地

電話番号

048-581-7333

説明

開館時間

・通常期    9時00分~17時00分(入館は閉館30分前まで)
・夏休み期間 平日9時00分~17時30分
          土・日・祝日と8月11日~8月15日 9時00分~18時00分

休館日

・月曜日(祝日・振替休日・県民の日・7月1日~8月31日は開館)
・年末年始(12月29日~1月3日)
 ※ゴールデンウィーク期間中は開館
 ※施設設備の集中保守点検に伴う臨時休館があります。

交通手段

・関越自動車道花園ICから車で約8分
・東武東上線鉢形駅から徒歩約20分
・秩父鉄道・東武東上線・JR八高線寄居駅下車、東秩父村営バス「さいたま川の博物館停留所(さいたま川の博 物館内)」で下車徒歩約1分
・秩父鉄道・東武東上線・JR八高線寄居駅下車、タクシーで約7分

観覧料・施設利用料

・観覧料(入場料)
 一般400円(240円)、学生・高校生200円(120円)
 中学生以下、65才以上の方は無料
 【( )内は20名以上の団体割引料金】
・荒川わくわくランド
 高校生以上210円、中学生まで100円
 ※荒川わくわくランドは11月中旬から3月春分の日の前日までは閉園です。
・アドベンチャーシアター
 高校生以上420円、中学生まで210円
 ※安全装置の関係でご利用をご遠慮いただく場合があります。
 ※荒川わくわくランド及びアドベンチャーシアターには定員がありますので、ご利用できないこともあります。
・駐車料金
 普通車・300円、バス・1,000円
※障害者手帳をお持ちの方はすべての施設が無料になります。

内容説明
 「埼玉県立川の博物館」は、日本初の河川系総合博物館です。荒川を中心とする県内の河川や、水と人々との暮らしと の関わりを治水・利水・親水の観点から、楽しみながら学べるように工夫されています。河川情報を集めた荒川情報局、荒川源流から東京湾までの川下りを擬似体験できるアドベンチャーシアター、ウォーターアスレチックの荒川わくわくランド、日本最大級の木製大水車、荒川の流れを1000分の1の173mに縮小した大型模型「荒川大模型173」、日本画の「重要文化財川合玉堂筆『行く春』の大型美術陶板画」などが展示されています。面積:4ha

◆問い合わせ
埼玉県立川の博物館(048-581-7333)
埼玉県立川の博物館ホームページ<外部リンク> 

地図