ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 自治防災課 > 令和2年国勢調査の実施について

令和2年国勢調査の実施について

印刷用ページを表示する 2020年8月1日更新

 5年に1度の大調査!令和2年国勢調査を実施します!

 10月1日を基準日として、全国一斉に国勢調査が実施されます。
 国勢調査は、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、大正9年以来5年ごとに行われており、今年行われる調査は21回目、調査開始から100年を迎えます。
  9月中旬から調査員が皆さんへ調査のお願いに訪問しますので、ご協力をお願いします。

調査の対象

 住民票等の届出に関係なく、令和2年10月1日現在、普段居住している場所で、すでに3カ月以上住んでいる、または3カ月以上にわたって住むことになっている人が対象になります。

調査事項

・世帯員について

 「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地または通学地」など15項目

・世帯について

 「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

回答方法

 パソコンやスマートフォンからのインターネット回答を推奨しています。仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中の不在が多い世帯であっても、期間中は24時間、いつでもお好きな時間に回答できます。不正なアクセスなどの監視も24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。
 なお、紙の調査票で回答する場合は、郵送または調査員への提出をお願いします。 

調査結果

 全国・都道府県・市区町村別の人口・世帯数の速報結果は、令和3年6月に公表されます。その後、年齢別人口、世帯の状況等の詳しい統計が順次公表されます。
 また、調査結果は総務省統計局のホームページに掲載されるほか、報告書は全国各地の主要な図書館に送付され、どなたでも利用することができます。

個人情報の保護

 国勢調査員をはじめとする国勢調査に従事する者には、『統計法』によって、厳格な守秘義務が課せられています。また、調査票に記入していただいた内容は、『統計法』に定められている利用目的以外に使用することは絶対にありません。
 調査票は、外部の目に触れないように厳重に管理し、集計が完了した後、すべて溶解処分されます。

参考

  国勢調査2020総合サイト用バナー