ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 寄居みかん狩りがオープンします

寄居みかん狩りがオープンします

印刷用ページを表示する 2021年10月7日更新

400年以上の歴史をもつ甘酸っぱい温州みかん

 寄居町の風布・金尾地区は、風布川沿いの小さな盆地で、みかん栽培の歴史は天正年間(1573~1592年)までさかのぼります。小田原から柑子みかん(ふくれみかん)を移植したのが始まりといわれ、400年以上の歴史があります。また、四方を山々に囲まれ、低地よりも高地の方が暖かいという盆地特有の逆転現象を生かし栽培されています。寄居のみかんは、昔ながらの甘酸っぱさが特徴で、その味を毎年待ち望んでいるファンも多く、シーズンを迎えると多くの客で賑わいます。美しい里山の風景を楽しみながら「寄居みかん狩り」をお楽しみください。

寄居みかん狩りの画像

期間

 10月25日(月曜日)~ 12月中旬

アクセス

・電車の場合/秩父鉄道線「波久礼駅」より 小林みかん山まで徒歩約30分
                     風布みかん山まで徒歩約40分

・車の場合/関越自動車道花園I.Cより 小林みかん山まで約25分
                   風布みかん山まで約30分

入園料

 600円(園内試食自由・おみやげ付)

チラシ

 寄居みかん狩りのチラシ表   寄居みかん狩りのチラシ裏

寄居みかん狩りのチラシ表 [PDFファイル/1.13MB]

寄居みかん狩りのチラシ裏 [PDFファイル/1.15MB]

お問い合わせ

寄居町観光協会 ☎048-581-3012
風布みかん山(たちばな園) ☎048-581-4977
小林みかん山(みはらし園) ☎048-581-5334

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)