ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 【新型コロナ関連】寄居町新しい生活様式普及支援補助金

【新型コロナ関連】寄居町新しい生活様式普及支援補助金

印刷用ページを表示する 2020年9月14日更新

寄居町新しい生活様式普及支援補助金

町では、新型コロナウイルス感染症の拡大により、令和2年2月1日以降に「新しい生活様式」に対応を図った事業者に対して、要した経費の一部、または全部を補助します。

新しい生活様式

チラシ [PDFファイル/493KB]

対象経費

令和2年2月1日以降に「新しい生活様式」に対応するため、消耗品及び設備等を導入、または設置した際に要した経費の内、次の1~3に該当するもの

1.消耗品

マスク、消毒液、ビニールカーテン、ゴム手袋等の購入費

2.設備等

非接触型体温計、アクリル板、パーテーション、空気清浄機、体温検知カメラ、キャッシュレス決済機器、セルフレジ新規導入等の購入費及び賃借料

3.工事      

換気扇の取付、非接触型水栓への改修等の工事費

 

対象者

町内事業者の内、次の1~5をすべて満たすもの

1.令和2年2月1日以降に新しい生活様式に対応するために、消耗品及び設備等を町内の事業所に導入、または設置した事業者であり、運輸業、小売業、宿泊業、飲食業、生活関連サービス業を営むもの

2.寄居町税(法人の場合、法人町民税 個人事業主の場合、住民税)の納税義務者であり、滞納がないもの

3.暴力団関係者が関与していないもの

4.性風俗関連特殊営業を行っていないもの

5.令和2年2月1日時点で事業を営んでおり、申請時点も継続して事業を営んでいるもの

補助金額

対象経費の実支出金額(消費税及び地方消費税を除き、1,000円未満を切り捨てた額) とし、補助限度額は次の1、2のとおりです。

1.小規模事業者(従業員が20名以下)   上限50,000円

2.中小企業者等(小規模事業者以外)    上限100,000円

※申請は、1事業者につき1回限り

補助金額計算の例

小規模事業者の場合

経費の合計が税抜150,000円・・・補助金額は50,000円

経費の合計が税抜47,500円・・・補助金額は47,000円

中小企業者等の場合

経費の合計が税抜150,000円・・・補助金額は100,000円

経費の合計が税抜47,500円・・・補助金額は47,000円

申請手続き

受付期間 令和2年9月15日(火曜日)から令和2年12月28日(月曜日)

※受付期間内消印有効

申請方法 下記「申請書類」一式を同封のうえ、郵送にて申請してください。

提出先

〒369-1292 寄居町大字寄居1180番地1

寄居町役場 商工観光課 商工振興班 宛

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、郵送での提出にご協力ください。

 

申請書類

【共通】

1.申請書兼請求書 [Wordファイル/28KB] 

  申請書兼請求書 [PDFファイル/85KB]

2.誓約書 [Wordファイル/26KB]

  誓約書 [PDFファイル/88KB]

3.補助対象経費の支払を証明する領収書等の写し(補助対象経費であることが判別できるもの)

4.補助対象経費に該当する消耗品及び設備等を導入、または設置した状況が確認できる写真

5.町内で事業を営んでおり、補助対象経費に該当する消耗品及び設備等を導入、または設置した事業所が町内であることが確認できる書類

 

【法人】

1.直近の事業年分の確定申告書の写し

2.直近の法人事業概況説明書の写し

3.法人名義の通帳(金融機関・支店・名前・口座番号の記載箇所)の写し

 

【個人事業主】

1.確定申告の方 令和元年分の確定申告書B(第一表)の写し

  住民税申告の方 令和2年度分の町県民税申告書の写し

2.確定申告(青色)の方 所得税青色申告決算書の写し

  確定申告(白色)の方 収支内訳書の写し

3.本人確認資料(免許証、マイナンバーカード、保険証等)の写し

4.申請者名義の通帳(金融機関・支店・名前・口座番号の記載箇所)の写し

 

その他

1.必ずボールペンで記入してください。消えるペン等で書かれた場合は受理できません。

2.提出された書類は原則お返しできませんのでご了承ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)