ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 年金の受給資格期間が短縮されます!

年金の受給資格期間が短縮されます!

印刷用ページを表示する 2017年7月25日更新

国民年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます

老齢年金を受けとるためには、国民年金保険料納付済期間や免除期間などを合算した資格期間が、これまでは原則として25年以上必要でした。
平成29年8月1日からは、資格期間(※)が10年(120月)以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

(※)資格期間とは以下の期間の合計のことをいいます
 ・国民年金保険料を納めた期間や免除された期間
 ・第2号被保険者の期間(船員保険を含む厚生年金保険や共済組合等の加入期間)
 ・合算対象期間(いわゆる「カラ期間」、年金制度に加入していなくても資格期間に加えることができる期間)

なお、年金の額は、納付した期間に応じて決まります。40年間保険料を納付された方は、満額を受け取れます。
10年間の納付では、受けとる年金額は概ねその4分の1になります。
 

黄色の封筒(短縮)が届いたら

受給資格期間の短縮で新たに年金受給権が発生する方には、下表のスケジュールで日本年金機構から黄色の封筒で「年金請求書(短縮用)」が順次送付されます。
「年金請求書(短縮用)」が届いた方は、必要事項をご記入いただき、必要書類を確認のうえ、年金事務所で手続きを行ってください。

請求手続きをされた後に新たな年金記録が発覚しても、請求を取り消すことはできませんので、請求書に印字されているご自身の年金加入記録をよくご確認のうえ手続きをお願いします。

なお、加入期間がすべて第1号被保険者の方は、役場町民課の国民年金窓口でも手続きが行えます。

年金請求書(短縮用)の送付スケジュール

 

送付対象者

送付時期

大正15年4月2日~昭和17年4月1日生まれ

平成29年2月下旬~3月下旬

昭和17年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

平成29年3月下旬~4月下旬

昭和23年4月2日~昭和26年7月1日生まれ

平成29年4月下旬~5月下旬

昭和26年7月2日~昭和30年10月1日生まれ【女性】
昭和26年7月2日~昭和30年8月1日生まれ【男性】

平成29年5月下旬~6月下旬

昭和30年10月2日~昭和32年8月1日生まれ【女性】
大正15年4月1日以前生まれの方
共済組合等の期間を有する方

平成29年6月下旬~7月上旬

 

年金事務所での予約相談

年金事務所では、事前予約による窓口相談を実施しています。
「年金請求書(短縮用)」をご提出の際や、年金についての相談をご希望の方はご活用ください。

〈 予約相談の実施時間帯 〉

 月曜日~金曜日 8時30分~16時
 予約相談希望日の1カ月前から前日まで受付しています。

〈 予約申し込み先 〉

◆ねんきんダイヤル
0570-05-1165(050で始まる電話の場合は、03-6700-1165)

◆熊谷年金事務所
048-522-5012(自動音声案内 1番のあと2番)

〒360-8585
  熊谷市桜木町1丁目93番地
  秩父鉄道秩父線、JR高崎線「熊谷駅」下車 南口徒歩約3分
  駐車場あり(22台)

※ご予約がないと年金事務所窓口においてお待ちいただくことがあります。

 

日本年金機構ホームページ 
http://www.nenkin.go.jp/index.html<外部リンク>

厚生労働省ホームページ(年金・日本年金機構関係)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/<外部リンク>