ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

寄居町創生戦略プロジェクト

印刷用ページを表示する 2015年10月7日更新

寄居町創生戦略プロジェクト 

 町では平成27年を寄居創生元年と位置づけ様々な施策を展開していきます。

 寄居町創生戦略プロジェクトイメージ  [PDFファイル/270KB]

1輝く女性応援プロジェクト

 寄居町は就職、結婚、出産、子育て、再就職と生涯の様々なライフステージで、頑張る女性を応援します。

就職・婚活期

 【新規】街バル・街コン活動支援事業             180千円 
 寄居町商工会への助成を通じて、飲食店の活性化を目的とした街バルとともに実施する独身男女を対象とした街コンの開催を支援します。

  【継続】女性の就職支援事業 
 ハローワーク熊谷と協力し、女性求職者に対する就職支援セミナーや、求職者に対する合同面接会などを実施し、女性の就業を応援します。

妊娠・出産期

 【新規】不妊治療費助成事業                                             2,000千円 
 平成27年度より、県が実施する不妊治療助成事業に合わせ町からも不妊治療費に対する助成を開始し、子どもを望む家庭の経済的な負担軽減を図ります。

 【新規】子育て応援ブック作成事業                                          850千円 
 子育てに関する情報をまとめた子育て応援ブックを、現行の制度を踏まえた内容に改定し、子育てする女性を応援します。

 【継続】こんにちは赤ちゃん事業                                     1,086千円 
 助産師による訪問事業や保健師による発育状況の確認、育児・体調などの相談、各種検診・予防接種等の情報提供により産前産後の女性を応援します。

 【継続】パパ・ママ学級                                                 110千円 
 妊娠・出産・育児に対する知識の習得や仲間づくりを目的としたパパ・ママ学級を実施し、出産期の不安解消と父親の育児参加を促進し、女性を応援します。

子育て期

 【新規】子育て支援ネットワークづくり事業                  8,625千円 
 授乳室、おむつ替えのできる赤ちゃんの駅の拡大を図るため、民間企業に対して整備費用の一部を助成し、町内に子育てしやすい環境づくりを進めます。 
 また、赤ちゃんの駅、パパ・ママ応援ショップの情報を調査し、町公式ホームページなどを通じて情報提供することで子育てする女性を応援します。 

 【新規】子育て世帯応援 プレミアム商品券発行事業       10,526千円 
 町の実施するプレミアム商品券の購入者のうち、18歳未満の子どものいる家庭に対して、子育て支援として上乗せ分を加算し、子育て家庭の経済的な負担軽減を図ります。

 【新規】こども医療費無料化の拡大(高校3年生まで)    12,666千円 
 中学生までを対象に実施していたこども医療費給付の対象を高校3年生まで拡大し、子育て家庭の経済的負担の軽減を図ります。

  

2元気で長生き寄居プロジェクト

 寄居町高齢者保健福祉計画(平成27年度から平成29年度)を中心とした事業を実施することにより、地域住民の誰もが健康で生きがいを持ち、安心して暮らせるまちづくりを推進します。

 健康に対する意識向上

 【継続】健康診査の実施                                                     34,150千円 
 自分の健康は自分で守ることを前提に、年1回の健康診査の助成・勧奨により、生活習慣改善、成人病予防を推進します。

 ○特定健康診査、特定保健指導実施(個人負担無し)
  ・町国民健康保険加入者(40歳以上)が対象     

 ○健康診査(個人負担無し)
  ・後期高齢者医療保険加入者、若年者(20歳から39歳)、生活保護受給者(20歳以上)が対象

疾病予防と健康づくりの促進

 【新規】人間ドック・脳ドック助成の拡大                                  11,865千円 
 人間ドック・脳ドック受診料から一律負担7,000円を除いた残額に対して上限25,000円を助成していた制度を見直し、一律負担額7,000円を廃止し、上限を35,000円に引き上げ、後期高齢者医療被保険者に対しても脳ドック助成を実施することにより、疾病が早期に発見できる環境を整えます。

・町国民健康保険加入者(35歳以上)・後期高齢者医療保険加入者が対象     

 【一部新規】がん検診事業                                                     33,205千円  
 年1回のがん検診の助成・勧奨により、がんの早期発見・早期治療を推進します。

 ○胃がん・大腸がん・肺がん(結核)検診
 ・20歳以上(職場等で検診機会のない方)が対象

 ○子宮頸がん・乳がん検診
 ・20歳以上(女性)が対象

 ○【新規】前立腺がん検診
 ・40歳以上(男性)が対象             

 【継続】高齢者インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン予防接種費用の一部助成      22,339千円 
 合併症や重篤な状況に陥る危険の大きいインフルエンザや肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の一部を助成し、高齢者の健康維持を図ります。

 ・高齢者インフルエンザ(満65歳以上)肺炎球菌ワクチン
 (今までに接種したことのない方、1回のみ)が対象 

 【継続】健康づくり推進事業                                                           935千円 
 健康づくりの意識向上と生活改善のきっかけづくりのため、各種健康づくり事業への参加や自分の設定した目標達成に対し記念品等を授与するポイント事業を実施し、健康意識の向上を図ります。

 【継続】健康長寿サポーター養成事業 
 健康長寿サポーター養成講座や特定保健指導を通して健康長寿サポーターを養成します。サポーターには「自分の健康は自分で守る」意識を高め、自分の健康づくりに取り組んでもらうとともに、役立つ健康情報を家族や周りの人に広めてもらうことで、地域の健康づくりを推進します。

 【継続】各種教室の開催                                                                  150千円 
 老人福祉センター「かわせみ荘」で実施するシニア・シルバー世代を対象とした各種教室を開催して、リーダーを育成し、健康づくりを推進します。

介護予防事業の充実

・1次予防(一般高齢者) 【継続】いきいき健康塾の開催 
 高齢者を対象に地域を巡回して、専門指導員による健康体操の指導、健康相談を実施し、介護予防を図ります。

  【継続】ふるさと健康体操事業 
 保健福祉総合センター「ユウネス」や総合体育館で開催する健康体操に参加し、介護予防・生活習慣病予防に努めてもらうとともに、地域で健康体操広めてもらうため、指導者を養成し、介護予防の体制を強化します。

 ・2次予防 【継続】元気あっぷ事業 
 トレッチや有酸素運動、筋力トレーニングなどの運動器機能向上事業や、歯磨きや技師の手入れ法の指導、摂食、嚥下機能を向上させる訓練などの口腔機能向上事業を実施し、身体機能の低下防止を図ります。

交流機会の拡充

 【継続】ふれあいいきいきサロン事業 
 社会福祉協議会において地域支えあいの会の活動として67行政区毎に、ふれあいいきいきサロンを実施し、高齢者の閉じこもりや孤立防止を通じて介護予防や地域福祉コミュニティづくりを推進します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)