ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > こちら町長室(令和3年1月)

こちら町長室(令和3年1月)

印刷用ページを表示する 2021年1月7日更新

令和3年1月

困難に打ち勝つ年に

明けましておめでとうございます。

町民の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、日頃より町政の運営に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと、年明け早々から新型コロナウイルス感染症により世界中で甚大な影響が生じ、この異例の事態は今なお続いております。新型コロナウイルス感染症により、影響を受けられました皆様には謹んでお見舞い申し上げますとともに、最前線で感染症対策に命がけで取り組まれている医療関係者の皆様に深い敬意を表し、感謝を申し上げます。

町では、新型コロナウイルス感染症の町民の皆様への影響を最小限に抑えるため、様々な施策を実施し、地域経済対策や生活支援に全力で取り組んでまいりました。新たな年においても、町民の皆様の生命と安全を第一に考え、経済の再生と町民生活への影響をできる限り抑えるようしっかりとした対策を講じてまいります。

このように困難な状況ではありますが、町を明るくする話題も多くあります。まず、中心市街地活性化事業が本格的に動き出しました。本年は、昨年着手いたしました寄居駅南口駅前広場整備工事に加え、中央通り線の整備工事も始まり、大きく事業が動き出すこととなります。また、本田技研工業株式会社の国内生産拠点の進化として、狭山工場の生産機能を寄居工場へ集約する動きも本格化いたします。これから目に見えて町が変わりゆくことに期待が大きく膨らむ一方で、今後のまちづくりに対する強い使命感も感じております。これらの変化を町にとっての強い追い風としてしっかりと捉え、今後のさらなる発展につなげていけるよう全力で取り組んでまいります。

また、本年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。大会開催が約1年延期となり、開催方法等について議論がなされているところですが、大会が安全に開催され、さらには町出身で女子柔道の新井千鶴選手が、世界の舞台で活躍されることを心より願っております。また、ブータン王国との交流事業につきましては、町の活性化につなげてまいりたいと考えております。

町政におきましては、「第6次寄居町総合振興計画前期基本計画」が最終年度を迎えることから、次の5年間のまちづくりの指針となる「後期基本計画」の策定を進めております。前期基本計画に基づき実施した事業の成果をしっかりと検証・分析するとともに、この激動する新たな時代に対応した実効性のある計画を策定したいと考えております。このように本年は寄居町にとって大変重要な年となります。私自らが先頭に立ち、汗をかき、誠意と覚悟をもって、町民の皆様の目線に立った施策を積極的に展開し、未来に希望が持てる町を目指してまいります。町民の皆様の一層のご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。

結びに当たり、本年が、新型コロナウイルス感染症に打ち勝ち、町民の皆様にとりまして、健康で笑顔に満ちた素晴らしい年となりますことを心より祈念申し上げますとともに、町にとりましても、さらなる発展に向けた飛躍の年となりますことを念願し、新年のあいさつとさせていただきます。