ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > こちら町長室(令和2年12月)

こちら町長室(令和2年12月)

印刷用ページを表示する 2020年12月3日更新

令和2年12月

玉淀親水遊歩道が開通しました!-雀宮公園~玉淀河原-

先月号でもお知らせをいたしましたが、平成29年度から県とともに取り組んでまいりました「川の国埼玉はつらつプロジェクト」の工事が完了し、11月7日に雀宮公園から玉淀河原までの約300メートルにわたる荒川沿いの遊歩道が開通となりました。これまで、多くの方にご利用いただき、またイベント等でも活用されている玉淀河原と、歌舞伎の名優・七代目松本幸四郎の別邸跡地である雀宮公園が直接結ばれましたことは、大変大きな意義があると感じております。

この玉淀一帯は、古くから文化人等に愛されてきた地域であり、さまざまな偉人がこの地を訪れ、多くの作品等を残しております。今回のプロジェクトでは、玉淀駅から玉淀河原までの約1.4キロメートルの区間を整備し、歴史と文化、そして自然を感じながら散策ができるようになりました。とりわけ、雀宮公園から玉淀河原までは、これまで直結しておらず、遊歩道の開通により、直接行き来が可能となりました。雀宮公園の絶壁から荒川を望み、正喜橋をくぐり玉淀河原まで、これまで見ることのできなかった角度で風景を存分にお楽しみいただけます。

また、この地域一帯は、町を代表する観光資源としても大いに期待をしているところであります。このプロジェクトにより、遊歩道をはじめ、公園、駐車場、トイレ、河川区域の護岸や広場等、ハード面の整備が完了し、町外からのお客様を呼び込む施設は整いました。今後は、この事業が中心市街地活性化事業にも位置付けられておりますことから、「歩いてお得なまち・歩きたくなるまち」を実践するためにも、訪れた方々を中心市街地へ導き、多くの方々がまちなかを回遊することで、まちの賑わい、そして活性化につなげてまいりたいと考えております。そのためにも、整備が完了した今が非常に重要であると認識しておりますので、玉淀の歴史、文化、自然などを関連付けたストーリーを内外にしっかりとPrしてまいりますので、町民の皆様のご協力をお願い申し上げます。