ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > こちら町長室(令和2年11月)

こちら町長室(令和2年11月)

印刷用ページを表示する 2020年11月5日更新

令和2年11月

町民の皆様と共に 笑顔があふれ、誇れるまちを!

 寄居駅南口駅前広場整備工事の起工式が10月14日に行われ、寄居町の顔ともいえる中心市街地の整備に本格的に着手いたしました。来年度からは中央通り線の整備工事も始まります。この事業は、半世紀にもわたる古くて、そして長い懸案事項でありましたが、平成30年3月に「寄居町中心市街地活性化基本計画」が全国で743ある町の中では初めて、内閣府の認定を受けました。この認定を機とし、私は「何としてもやり遂げなければ。今しかない。今やらねば」との強い想いを町民の皆様に訴えてきたところであります。

 この事業を推進するにあたり、幸いなことに「株式会社まちづくり寄居」の柴崎猛代表取締役(寄居町商工会長)には、自身のライフワークとして取り組んでいただき、大変心強く感じております。また、自らの企業で培った経営手腕、そして豊富な人脈は、必ずや生かしていただけるものと大いに期待しているところであります。まだ一部の工事が始まったばかりで、本格的に町が変化していくにはこれからとなりますが、お互いが大きな目標に向かい、退路を断ち、事業全体の完成を目指し、挑んでいるところであります。

 そして、この大事業を実施するにあたりまして、地権者をはじめとする多くの関係者の皆様方の深いご理解とご協力の賜物であると、心から感謝と御礼を申し上げます。

 また、多くの町民の皆様に参画していただき、「共創のまちづくり」の機運が醸成されたことは、期待を大きく超えるものであり、まちづくりを進めるにあたり大きな期待を感じているところであります。まだ、工事は緒に就いたばかりではありますが、日に日に変化する町の進化を見守っていただきたいと思います。そして、この中心市街地のまちづくりをより良いものとするためには、今後実施していくさまざまな事業に、町民の皆様の積極的な参画が大きなポイントとなります。私といたしましても、全力で取り組んでまいりますので、知恵と工夫と力を結束し、「笑顔があふれ、誇れるまち」を共に創っていきましょう!