ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 平成28年 新年のごあいさつ(町長)
町長からのメッセージ
見ます 聴きます 話します!
交際費
ご意見をお聞かせください

平成28年 新年のごあいさつ(町長)

印刷用ページを表示する 2016年1月1日更新

 ~寄居創生に向けて 取り組みを加速させる年に~

新年明けましておめでとうございます。皆さまには清々しい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 さて、早いもので私が町長に就任してから、2回目の新年を迎えました。町政運営の信条とする「説明と納得のまちづくり」を進めるため、町内の催しに伺い、また、新たに開始した「見ます・聴きます・話します! 訪問事業」などにおいて、皆さまと対話させていただく中で、さまざまな方のご協力のもと町が運営されていることを改めて実感し、心より感謝を申し上げる次第です。

 昨年を振り返りますと、ラグビーワールドカップで日本代表チームが歴史的な勝利を収めました。ラグビーをはじめとするスポーツが盛んな当町においても、2019年の日本開催を前に、子どもたちが将来に夢を膨らませる明るい出来事であったと思います。

しかしながら、一方で箱根山大涌谷周辺を震源とする火山性地震の発生や、関東・東北地方に河川の氾濫など大きな被害を与えた台風18号の豪雨のように、日本の特性による自然災害の脅威を改めて感じた年でもありました。当町では、特に重要である地域の防災力を向上させるため、これまで以上に地域の防災体制の充実と、災害に強いまちづくりを推進し、自然災害をはじめとした万一の事態に備えたいと考えております。

 また、人口急減・超高齢化という日本が直面する大きな課題に対する取り組みが地方各地で本格化しております。私は、昨年を「寄居創生元年」と位置付けてさまざまな課題に取り組んでまいりました。それらの取り組みを、昨年12月に策定した「寄居町まち・ひと・しごと創生総合戦略」につなげていきたいと考えております。女性の住みやすいまちナンバー1、健康長寿県下ナンバー1を目指した2大プロジェクトを拡充するとともに、教育環境の整備と国際社会で活躍する人材育成を推進する「よりい教育プロジェクト」、これからの町を担う若者を応援する「頑張る若者応援プロジェクト」など、町内外の皆さまに「選ばれるまち」を目指して取り組みを加速させてまいります。

 さらに、町の最上位計画である「第5次寄居町総合振興計画」が最終年度を迎えることから、皆さまの意見を頂戴しながら、次の10年のまちづくりの指針となる第6次寄居町総合振興計画の策定を進めております。寄居町の未来に繋がる重要な1年として行政運営に全力で取り組んでまいりますので、町民の皆さまには、一層のご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。

 結びにあたり、本年が町民の皆さまにとりまして、健康で笑顔が輝く素晴らしい年となりますことを心から祈念申し上げますとともに、町にとりまして、次なる発展に向けた飛躍の年となりますことを念願し、新年のごあいさつとさせていただきます。

寄居町長 花輪 利一郎